<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜Exhibition2012京都巡回展-artDive#6- | main | 桜Ex2012- UK選抜展 出展作品 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
スポンサーリンク
AOji - the Art Of Japanese Illustration様 株式会社アークフィリア様 The Artcomplex Center of Tokyo様 ARTs*LABo様 アートライフ様 株式会社アムゼ様 @CREATORZ様 AYANE様 イラストレーターズ通信様 LA JAPAN様 Gallery CORSO様 gr@phic様 CREATORS BANK様 工房ヒョウガ CJキューブ様 Tokyo Otaku Mode様 東京リスマチック株式会社様 NORBERTELLEN GALLERY様 FireAlpaca様 liquitex プリンティングイン株式会社様 portalgraphics.net様 wacom様 アートフォーラムOne's様

桜 Exhibition バナー
桜 Exhibition 2013

バナー 180*180

リンクはご自由にしていただいて構いません。 リンク用のバナーが必要な場合には、上記をお使いください。
百華 運営

一定期間更新がないため広告を表示しています

0


    | - | | - | - | - |




    こんにちは。
    桜Ex運営のオオタニヨシミです。

    先日、LA巡回展も無事に終了しました。
    会期中お嫁入りした作品はTwitterでも速報したりしていましたが、
    会期の様子などとあわせてまとめてまた別途、ご報告したいと思います。

    イギリス選抜展も、ギャラリーから選定が来てすでに作品を発送済です。
    選定作品についてもきちんとお知らせできるように調整中です。


    今日は、前回記事で、桜Exhibition2012京都巡回展-artDive#6-での様子を
    ざっくり書かせていただきましたが、もう少し詳しくblogにしたいと思います。


    ーーー

    1日目朝。
    8:30に、設営ボランティアのみなさんと桜Exhibition2012のブースに集合。
    北原カケルさん、嵯峨雅彦さん、ナカムラアヤナさん、kisさん、
    よねこめさん、GAB GABさん、にお手伝いしていただきました。
    どんどん壁に作品を設置。

    展示完成後


    高さを合わせて端から壁にくっつけていくのですが、
    数が数なので時間内に設置完了は厳しいかも知れない…なんて心配は杞憂で、
    みなさんのテキパキとした作業に助けられ、11:00には無事に設置完了。


    オープン後は、お客さんがさっそく見にきてくれました。


    この時点では、連作の左右、2点参加の作家さんの作品も、隣り合ってないものがあり
    13:00くらいまではその調整をしながらご覧いただいていました。




    本会期でも配布していましたが、展示をご覧いただいている方にアンケートもお願いし、
    みなさんじっくり見ながら記入して下さっていました。

    アンケートの項目は
    ◆この企画はどこで知りましたか?
    ◆展示作品の中で”素晴らしい”と思った作家さんを教えて下さい。
     (何人でもOKです)
    ◆今回の感想などご自由に。
    の3項目です。


    アンケートは2日間で2cm弱の厚みになるくらい、たくさん回答いただけました。
    作家さん、作品に対しての感想は、集計後にオーディエンス賞を選定する得票としても追加したいと思います。


    関西の参加作家さんでも、何人かの方が見にきて下さったり、
    特定の作家さんのファンの方がわざわざ足を運んで下さったり、
    artDiveに遊びに来てたまたま見かけて、展示を見て下さったり、
    思い思いに楽しんでくれているようでした。

    桜Exhibition2012の公式サイト&FacebookのURLを記載したカードも
    かなりのハイペースでなくなり、
    あとでサイトから作家さんを知りたい、とおっしゃっていただくことも多かったです。


    運営的には、関西の作家さんが、ここで初めて出力されたものを見ることになるので
    印刷などに問題がないか、というのがとても心配でしたが、
    キレイに刷れてるという声をたくさんいただけてホッとしました。


    - - -

    2日目。
    1日目には気が回らなかった(アンケート記入用のペンの数とか)ことをチェックしてスタート。

    ペンを補充したので、アンケートもたくさん書いてもらうことが出来ました。

    この日は、「絵は売ってるの?」という質問を度々いただきました。
    Facebookではリアルタイムでアップデートしましたが、もんちほしさんの作品がお嫁入り☆

    もんちほし「ゆめなまこのゆめ」

    他にも「気になるなぁ。欲しいんだけど、うーん」と悩まれている方がチラホラいらっしゃって、
    桜Exサイトのカードを持っていかれてました。


    日曜日ということもあって、人手はこの日の方が多かったのかな?
    一般のお客さんも。作家さんも、じっくり時間をかけて見ている方が多かった印象です。
    それと、アンケート回収時に感想を伝えてくれる人も多くて、
    「日頃、イラストや絵画に馴染みがないけど、アートダイブのようなイベントで展示ブースがあればやっぱり面白いから見ちゃうなぁ」
    という感じの感想をくださる方もたくさんいました。
    これはすごくうれしかったです。



    そして最後は撤収。
    撤収については、お手伝いは募集していなかったのですが
    嵯峨雅彦さん、吉田勇亮さん、ニナさん、はなだひいろさんが
    撤収のためにわざわざ残って手伝ってくれて
    本当にありがたかったです。


    artDive
    2日間ありがとうございました。



    iPhoneで簡易的(ちゃんとしたカメラで撮ったものは未整理で…お時間下さい)に撮ったものですがそちらもあわせてご覧ください☆



    JUGEMテーマ:アート・デザイン



    0


      | 桜 Exhibition 2012 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |




      0


        | - | 21:33 | - | - | - |




        コメント
        コメントする











        http://hyacca.jugem.jp/trackback/131
        Copyright © 2013 hyacca All rights reserved.