<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桜Ex2012メインビジュアルが完成 / 去年の桜Exを振り返ってみました。 | main | 桜Ex2012・協賛各社さま、各賞、現時点でのまとめ。 >>
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
スポンサーリンク
AOji - the Art Of Japanese Illustration様 株式会社アークフィリア様 The Artcomplex Center of Tokyo様 ARTs*LABo様 アートライフ様 株式会社アムゼ様 @CREATORZ様 AYANE様 イラストレーターズ通信様 LA JAPAN様 Gallery CORSO様 gr@phic様 CREATORS BANK様 工房ヒョウガ CJキューブ様 Tokyo Otaku Mode様 東京リスマチック株式会社様 NORBERTELLEN GALLERY様 FireAlpaca様 liquitex プリンティングイン株式会社様 portalgraphics.net様 wacom様 アートフォーラムOne's様

桜 Exhibition バナー
桜 Exhibition 2013

バナー 180*180

リンクはご自由にしていただいて構いません。 リンク用のバナーが必要な場合には、上記をお使いください。
百華 運営

一定期間更新がないため広告を表示しています

0


    | - | | - | - | - |




    みなさん、こんにちは。運営のRyuです。



    桜 Exhibition 2012・本来ならそろそろエントリー開始の予定でしたが、
    展示箇所がもう一つ増える可能性が出て来たので
    現在、ギリギリまで交渉している最中です。


    その国は、イギリス。

    ベージングストークにあるギャラリーでの展示が追加となりそうです。
    (twitterではロンドンと書きましたが、
    正確にはロンドン近郊、列車で30分位の所にあるそうです。)



    このお話が持ち上がった経緯は、、、実は去年のNY巡回展がキッカケでした。


    facebookでのプロモーションで桜Exを知ったイギリスの方が
    実際にNY会場に足を運ばれました。

    NY会場の3D写真を撮ってwebにUPして頂いたりと、
    展示内容やイベントの趣旨を非常に気に入って頂いた様子で、
    "イギリスでも是非開催して欲しい"とのご連絡を頂いてました。


    単純に"私の国でも開催して欲しい"と言う要望は、facebookなどで
    頂く機会も多かったのですが、現実問題。。。コストや会場の手配、
    作品の用意や展示準備、会期運営、撤収作業などなど。。。。
    目に見えない部分での沢山の運営作業があるので、
    中々具体的に話が進まない事がほとんどでした。

    この方の場合は、かなり本気の様子。。。。出来る範囲での支援や
    興味を持ちそうなギャラリーを探して頂いたりと、色々と動いて下さって、
    いよいよ実現可能なところまで来ました。


    今はギャラリーと直接交渉中、条件などを見ながら調整していますが、
    先方の要望なども踏まえて、他の巡回展とは違った形での開催になりそうです。


    会場として紹介して頂いたギャラリー形態がコマーシャルギャラリーとなる為、
    展示作品に関しては先方の選定が入ります。
    そんな訳で、実現した場合は"全作品を飾る巡回展"では無く、
    ギャラリー側に完全に選定をお任せしての"UK選抜展"的な会期になります。
    その代わり、展示期間が一ヶ月間と長く、とても良い条件を提示して頂きました。


    今のところ、ギャラリー側の希望に沿った形でお返事するので、
    それを送った後、先方の返事を待って正式に決定と言う流れになりそうです。
    話し合いの最終段階ですね(^^


    桜Ex的にも、よりグローバルな規模、今後ヨーロッパ圏での展開も見据えているので
    協力者があってのこの様な企画には積極的に実現する方向で動きたいと思っています。
    イベントとしても今後の為のよい経験になりそうですね。

    また、コマーシャルギャラリーで展示と言うのも初めてなので
    どんな反応があるか見れる、とても良い機会となりそうです。




    今のところほぼ決定に近い予定としてお伝えさせて頂きますが、
    確定しましたらギャラリーの名前や会期日程など詳しくお知らせさせて頂きます。



    正直、個人的にはLA会期も増えましたし、
    タイミング的にUKは、今年はまとまらないのではないか。。。と思っていましたが、
    2月末くらいからバタバタと実現可能なところまで
    一気に話が進んでびっくりしました。桜Exらしいですね(^^

    その影響もあって、3月始めにエントリー開始を予定してましたが遅れております。
    締め切りなどに変更はありませんので、
    参加予定の方は、作品制作を進めながら情報をお待ち頂ければと思います。


    また、参加費に関しても気になるところではあると思いますが、
    上記の理由でコストの再計算、調整中です。


    当初の予定だと、

    本会期 ⇒ 京都 ⇒ 神保町 ⇒ LA ⇒ NY、と5箇所の展示で
    (順番は予定)

    1作品・15,000円
    2作品・25,000円

    を想定して計画していました。


    イギリス会期が追加されることで、当然運営コストも上がるのですが
    それでも何とか

    1作品・17,000円
    2作品・28,000円

    くらいで収まるように最終調整中です。


    日本・アメリカ・イギリスの3ヶ国、6会場での展示。
    すでに1万人を超えた桜Exのfacebookファンページを使ったプロモーション展開。
    などなど、、、、
    現時点でも、参加費に見合ったイベント内容にはなっていると思いますが、
    いつもの桜Exの様に、まだ話し合いの途中で公開してない情報や
    会期中に広がっていく展開や話題なども多くなると思います(^^


    その辺も踏まえつつ。。。"今年も参加して良かった!"と思って頂けるように
    精一杯運営したいと思っていますので、改めまして宜しくお願いいたします。


    エントリー開始しましたら、出来れば大きなトピックと共に
    またブログ更新したいと思います(^^


    ・・・・・・・・・・・・・・・・
     JUGEMテーマ:アート・デザイン
    0


      | 桜 Exhibition 2012 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |




      0


        | - | 19:03 | - | - | - |




        コメント
        コメントする











        http://hyacca.jugem.jp/trackback/116
        Copyright © 2013 hyacca All rights reserved.